プランマブロック商品情報

商品一覧

プランマブロック

プランマブロック付属品

お役立ちコンテンツ

  • 実績紹介
  • 解説記事
  • FAQ
  • お知らせ

一覧はこちら

一覧はこちら

一覧はこちら

一覧はこちら

プランマブロックとは

出典:プランマブロック読本(改訂第4版 1986年9月発行)

プランマブロックは、内部にころがり軸受を格納するベアリングユニットとして、一般動力伝動装置全般に広く利用されています。特徴は、重荷重・高速回転への耐性、点検交換の簡易性、剛性の3点です。

1. 重荷重・高速回転への耐性

プランマブロックは、ピローブロックやその他ベアリングユニットと比較し、重荷重ならびに高速回転への耐性を持つよう設計されている。その適応性から、ラインや駆動部の主軸等主要部において利用される例が多い。適用する軸受が玉軸受・ころ軸受の場合は基本定格荷重上において耐え得るよう設計されている。

2. 点検交換の簡易性

プランマブロックは、上下二つ割れとなっているので、軸受装置の随時又は定期検査の際は単に締付ボルトを緩めて上蓋を取り外せば、内部は容易に点検することができる。したがって、潤滑剤の取り換えなども極めて簡単である。

3. 剛性

プランマブロックの材質は、標準品としてはねずみ鋳鉄(FC200)を採用しているが、特に強度を必要とするものは球場黒鉛鋳鉄(FCD450)、又は、炭素鋼鋳鋼(SC450)を使用している。さらに、プランマブロックは、過去の使用実績及び破壊試験結果によって、脚部付根が最も弱い部分であることが実証されたため、脚部付根の形状・寸法は特に剛性の点を強化している。

詳しくはこちら

プランマブロックの各部名称と組立順序

プランマブロックの各部名称と組立順序

詳しくはこちら